めろうすふぃあ

2014年07月

どうも



白石です



ここ最近10日に一回くらいしか更新してませんが許してください



部活が忙しいんです



あと夏期講習







ワープロについて



8/11に動画投稿すると息巻いてましたが



無理です



諦めました



動画編集に一週間かかると見積もると



残りの制作期間は一週間です






諦めた最大の理由


それは...




ラグです



げきおもです



ディスプレイユニット作ってる時はまだ10fps行っていたのに



デコーダとエンコーダを25個作った時点でろくに操作が出来ないレベルになってしまいました


今はだいたい平均3fpsくらいです



文字がディスプレイに書き込まれる時やディスプレイの文字を全消しするときは最悪フリーズします


ひどいですよね



ハイスペックPCほしい


CPUはi7でグラボはGTX780くらいの



お金がないので無理ですがね






3fpsというと0.33秒に一回描画ですよね


0.33秒に一回しか状況を把握出来ないと書くとそこまで重くなさそうな感じがしますが(自分だけ?)


浮遊スティーブは10.88±0.06mを一秒で移動しますから


状況を把握できない0.33秒の間に3.6m~3.65m移動する計算になります



3.6mずれたらデコーダを隣のものと取り違える可能性が多いにあります




っていうか実際7回くらい取り違えました



取り違える確率は7/25=28%


10個のうち3個は取り違える確率ですね



高すぎませんか



だれか寄付してください...



てなわけでした



それから




部活の大会について



私は水泳部なんですが



この間市大会がありました



100m背泳ぎを泳ぎました


エントリーのタイムでの順位は下から2番目でしたが



実際のレースの順位も下から2番目でした


エントリータイムが1'25"27
レースでのタイムが1'28"00



遅くなっちゃいました


まぁエントリータイムは短水路(25mプール)だったのに対し大会では長水路(50mプール)だったんで仕方ないですけど


まあそれはいいんですよ



それで


市大会を勝ち抜き県大会出場を決めたのは

メドレーリレーのチーム(女子)4名と


個人種目で2名(メドレーリレーのメンバー)



計4名




ところがうちの学校はその4名のために


往復バス代¥35,000を3日、合計¥105,000を部員から集めて



50名超えの大所帯で会場に押しかけ


しかも全く自分と関係ない学校の選手まで応援し他校に引かれ


後に残るのは疲労だけという有様



しかも県大会は二日間

さらにひどいことにうちの学校は前日準備まで任される始末



もう嫌や


って言っても仕方ないですね




てなわけで


ワープロの進化を眺めつつ終わりにしたいと思います



では


ディスプレイユニット完成後インプットユニットの制作を開始
2014-07-27-23-26-55



デコーダで解読された最初の文字"ア"
2014-07-27-23-27-01



ア行のデコーダとエンコーダが完成
2014-07-27-23-27-11


カ行のデコーダとエンコーダが完成
2014-07-27-23-27-15


サ行、タ行のデコーダとエンコーダが完成
2014-07-27-23-27-20


今のところの全体像
2014-07-27-23-27-05


どうも



白石です



えー


タイトルにもある通り


このブログの訪問者数が400人を突破しました


2014-07-17-22-06-34




ありがとうございます



それから


PE0.9.0αが来ましたね


と言っている間に0.9.2αがリリースされたわけですが



これまでのアプデが超ショボいものに思えるくらいのでっかいアプデでしたね



生成される地形が大きく変わってバイオームの概念も出てきましたし


何よりスーパーフラット!



建築が捗ります


2014-07-14-00-26-21



早速建ててしまった


あと


追加されたブロックをまとめるとこんな感じ

2014-07-10-22-13-18


追加されたMOBとスポーンエッグの追加されたMOBはこちら

2014-07-10-22-19-17


倒木とかも出来たみたいです
2014-07-10-23-36-34


カカオも育てられるみたいですね
2014-07-10-23-38-10


一大新要素 洞窟
2014-07-11-02-16-26



まあこんなところで0.9の紹介は終わりにしておきましょう


あと


ワープロの件ですが



ディスプレイユニットを作り終えて


今は文字送りなどの制御回路を作っているところです


それが終わったら地獄のデコーダ&エンコーダ200個製作にかかります


なんとか誕生日の8/11にワープロの紹介動画を上げたいところなので頑張ってます


多分無理だけど




てなわけで


では

どうも



白石です



突然ですが



七月に入ってからの閲覧数を見てみましょう

2014-07-07-23-14-38



七月一日自重しろ


しかも時間別に見るとその80のうち79が16時に集中してました


F5を79回連打でもしたのだろうか


まぁいいでしょう


延べ訪問者数ほとんど変わってないしどうせ単独犯でしょうし





話変えます


えーこの私ですが


マイクラの赤石回路を駆使してワープロを製作中です


カタカナ,アルファベット、数字、各種記号などを多くて200字、少なくても160字は打ち込めるようにする予定です


その代わり相当な負荷になりますけどね


ちなみに9bitです


日本語モード/英語モード切り替えに1bit


Shiftのオン/オフに1bitを充てています


残りの7bitのうち4bitは"行"の指定に、最後の3bitは"段"の指定に使って


ポケベルのような感じで文字にコードを割り当てています


ちなみにこれだと9bit= 512字のうち40%以下しか使わない計算になりますが


なぜか


というと



濁点、半濁点が付く行と付かない行を区別する必要があったためです


そのためには当然、文字を5字ずつ、行ごとに分ける必要がありますから


行に10パターン、段に5パターンを割り当てなければならず無駄なスペースがたくさんできてしまうわけです


※行10パターンを区別するために4bit(最大16パターンを区別)が必要になり6パターンが無駄になり、同様に段5パターンを区別するために3bit(最大8パターン、3パターン無駄)が必要になるため




...なんか解説がごちゃごちゃしてきましたが続行します







濁点の付く行、か/さ/た/は行を指定する4bitの頭の1bitは"1"になるようにします


こうすることで、か/さ/た/は行のいずれかが打たれたとき後ろに濁点を打つことができるようになります


半濁音の付く行、は行の場合は頭の2bitが両方"1"になるようにします

他は同じ


えー


他の部分に詳しい説明をしようとすると時間がいくらあっても足りないので


途中経過をお見せして終わりたいと思います


〜途中経過〜
ディスプレイを製作、縦19m,横122m
2014-07-06-22-52-31


ディスプレイに配線
メモリー回路(RS-NOR Latch...オレンジ)を各ドットにつき一つずつ接続
2014-07-07-19-16-57


リセット回路製作
各ドットのRS-NOR Latchのリセット入力に信号を伝達する回路(黒)
2014-07-07-19-26-30


インヒビター製作
各文字につき一つ。通常ディスプレイへの入力を妨害し、文字をディスプレイに表示する必要があるときのみ入力を通す回路(水色)
ピンク色のは後々作るデコーダ、エンコーダからディスプレイに信号を伝達する配線
2014-07-07-22-26-13


こんな感じです


まだディスプレイ二文字分しかできてないので道のりは長いですね



頑張ります


てなわけで


では




追伸

ブログ更新しろ更新しろとうるさかった副会長、これで満足でしょうか(ドヤ顔)

このページのトップヘ