めろうすふぃあ

カテゴリ:マイクラ > PC/赤石回路

どうも



白石です



突然ですが



七月に入ってからの閲覧数を見てみましょう

2014-07-07-23-14-38



七月一日自重しろ


しかも時間別に見るとその80のうち79が16時に集中してました


F5を79回連打でもしたのだろうか


まぁいいでしょう


延べ訪問者数ほとんど変わってないしどうせ単独犯でしょうし





話変えます


えーこの私ですが


マイクラの赤石回路を駆使してワープロを製作中です


カタカナ,アルファベット、数字、各種記号などを多くて200字、少なくても160字は打ち込めるようにする予定です


その代わり相当な負荷になりますけどね


ちなみに9bitです


日本語モード/英語モード切り替えに1bit


Shiftのオン/オフに1bitを充てています


残りの7bitのうち4bitは"行"の指定に、最後の3bitは"段"の指定に使って


ポケベルのような感じで文字にコードを割り当てています


ちなみにこれだと9bit= 512字のうち40%以下しか使わない計算になりますが


なぜか


というと



濁点、半濁点が付く行と付かない行を区別する必要があったためです


そのためには当然、文字を5字ずつ、行ごとに分ける必要がありますから


行に10パターン、段に5パターンを割り当てなければならず無駄なスペースがたくさんできてしまうわけです


※行10パターンを区別するために4bit(最大16パターンを区別)が必要になり6パターンが無駄になり、同様に段5パターンを区別するために3bit(最大8パターン、3パターン無駄)が必要になるため




...なんか解説がごちゃごちゃしてきましたが続行します







濁点の付く行、か/さ/た/は行を指定する4bitの頭の1bitは"1"になるようにします


こうすることで、か/さ/た/は行のいずれかが打たれたとき後ろに濁点を打つことができるようになります


半濁音の付く行、は行の場合は頭の2bitが両方"1"になるようにします

他は同じ


えー


他の部分に詳しい説明をしようとすると時間がいくらあっても足りないので


途中経過をお見せして終わりたいと思います


〜途中経過〜
ディスプレイを製作、縦19m,横122m
2014-07-06-22-52-31


ディスプレイに配線
メモリー回路(RS-NOR Latch...オレンジ)を各ドットにつき一つずつ接続
2014-07-07-19-16-57


リセット回路製作
各ドットのRS-NOR Latchのリセット入力に信号を伝達する回路(黒)
2014-07-07-19-26-30


インヒビター製作
各文字につき一つ。通常ディスプレイへの入力を妨害し、文字をディスプレイに表示する必要があるときのみ入力を通す回路(水色)
ピンク色のは後々作るデコーダ、エンコーダからディスプレイに信号を伝達する配線
2014-07-07-22-26-13


こんな感じです


まだディスプレイ二文字分しかできてないので道のりは長いですね



頑張ります


てなわけで


では




追伸

ブログ更新しろ更新しろとうるさかった副会長、これで満足でしょうか(ドヤ顔)

どうも



白石です



できました




スロットマシン!

2014-04-23-21-48-55

2014-04-23-20-14-17

2014-04-23-21-34-42



でかい!




ストップウオッチ以来のでっ回路だったので


満足してます



サバイバルでも作ろうと思います



このスロットマシンを簡単に説明すると


1、金ナゲットを投入口に投げ込む
(金ナゲット以外はソーティングマシンによって振り分けられ返却)
2、”You can play"と書かれた看板が貼ってあるランプが点く
3、スタートボタンを押す
4、ボタンの信号がカウンター制御のRS-FFのResetに入力される
5、RS-FFのQが0になりカウンターが動き出す
6、各桁のストップボタンを押す
7、ボタン入力がランダム遅延機構を通ってカウンター制御のRS-FFのSetに
入力される
8、RS-FFのQが1になりカウンターが止まる
9、この時、数が揃うとANDの出力が1になり景品が排出される



ということになってます


回路関係の用語は怪しいです



まあいいでしょう



てなわけで


では続きを読む

どうも


白石です






スロットマシンの製作に取り掛かっています



これ

image



未完成です



まあ



基本構造は100秒時計とほとんど変わりません



100秒時計のカウンターを暴走させればいいわけですから



なのでここで使われている回路は




ANDとRS-NOR Latchくらいのもの



なんですが




ANDが強敵




数が揃った時に景品をプレゼントするために



ANDを使うんですが



何しろカウンターもエンコーダーもぎゅうぎゅう詰め(それぞれの数の回路が隣り合ってる)なので



"間を開けずに設置しても混線しないAND"を開発しなければなりません








いや




できました


2014-04-21-22-14-32




かなりの荒技



出力の高さが違うのは混線を避けるためです


言い訳じゃないですよ?



それから




感覚を掴まれてバカバカ揃えられるのもなんなので



停止信号を伝えるタイミングをランダムでずらすようにしました



すぐに信号を伝えるか、もしくはしばらく時間をかけてから信号を伝えるか


ランダムでどちらか選ぶので



コツを掴むのは難しくなったかなと


でその回路がこれ



2014-04-21-22-21-57




まあよくあるやつです



完成までもう少しなので


出来たらワールド配布でもしようかな



てなわけで


では




どうも


白石です


前の記事で


3x3ピストンドアができたと



書いたと思います




なんと


それが弾みになって



3x4(横が4)ピストンドアと


4x4ピストンドアが


できました



いや


4x4はまだ設計図しか書いてないです


2014-04-14-23-45-42



でも


バグがなければ動きます


バグはないと確信しているので


ほぼ100%動作すると見て間違いないでしょう



・・・・・あっ


3x4写真撮ってないわ



まあいっか


後々写真貼るかもね(貼らないかも)



いやしかし


3x3を作った時に真ん中のブロックを収納する方法


もともと2,3のアイデアがあったんですが


動作の安定性からやや大きめの機構を選びました


それが3x4,さらには4x4にまで活用できるとは


コンパクトな機構を選んでいたら3x4すら作れなかったでしょう



ということでした


では

どうも


白石です


今日


入学式がありました


もちろん在校生代表として出席


まあ入学式自体は卒業式より短いしいいんですけど


その後


翌日に控えた新入生歓迎会



生徒会に関するオリエンテーション





打ち合わせがあると宣告され


すでに家に帰ってマイクラする態勢になっていた体に大ダメージ


うあああ


しかもそれが5時間近くに及び


泣き出さんばかりの顔で家に帰って


飯食って


もちろんマイクラ





3x3ピストンドアを作ってみました


これ

2014-04-09-20-59-50



お約束のビッグサイズ


もともと1.7.2で9x11x1という素晴らしいコンパクトさで3x3ピストンドアを作った方がいたので


1.7.4で動かしてみると


崩壊



というわけで作ったものです


解説すると長くなるので解説しません







明日学校ということに打ちのめされています


あああ


てなわけで


では

このページのトップヘ